読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉の魔法

先日、久しぶりに

ぎっくり腰をやってしまいました。

くしゃみとともに

「ゔっ」となってしまいました。

 

数回目のぎっくりなので

こなれてきて、とりあえず横になり

落ち着いたところで近所の接骨院へ伺いました。

そこの先生は

施術最後に

「○○さん、きっと14時頃には

劇的にといってもいいくらい軽くなってるからね」と

言って、ツボをおしてくれるんです。

治療効果かプラシーボ効果

はたまた時間の経過かわからないけれど

単純なわたしは

劇的によくなっている気がするんです。

「○○さん」と下の名前で呼んでくれるのも

ちょっと嬉しいもんです。

2年に1回とか

体を痛めたときにしか行かないのですが

礼儀正しく

「実直」という言葉がピッタリな雰囲気の先生で、

いつも、行くと気持ちがほっこりします。

 

「いたいのいたいのとんでいけ~」

じゃないけど、

ことばの魔法ってあると思います。

元気がないとき

こどもたちにも

学校へ持っていく水筒に

こっそり甘い紅茶をいれて

「これ飲むと、いいことがおきたり痛いの治るよ。

みんなに言ったり、飲ませちゃ効果ないよ。内緒だよ」

といって持たせると

100%いいことが起こります。