読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え方の癖を手放したい

考え方の癖「ばっかり癖」

「わたしばっかり、仕事をしてる(気がする)」

「わたしばっかり、損してる(気がする)」

「わたしばっかり、貧乏くじひいてる(気がする)」

「あのひとばっかり、えこひいきされてる(気がする)」

ばかりバカリばっかり・・・

のエンドレスループ

出来事だけをみればいいだけなのに。

結局、損か得かなんて簡単には、わからないし、

わたしばかりが損なのかも、実際はわからない。

自分が知らないことだってたくさんある。

 そんな損得ばかり考えること自体ナンセンスだと思う。

自分で自分を苦しめていることもわかっているんだけど。

 

でも、頭の中は勝手に

些細な出来事が引き金で

「え、なんで、また、わたし?」

となり、

「あのときも、このときも」と

昔の出来事を頭が勝手に呼び戻し

勝手に、過去の終わった出来事にすら

イライラしてしまう。

例えば「お菓子を1個少なかった」

というさもない出来事が

おさえきれないほどの悲しい出来事に

頭の中でいつの間にか変化している。

そして、

「わたしばっかり。。。」となり

ときには

相手にイラつき

ときには

自分に落ち込む

 

おそらく、長女気質なんだと思う。

小さい頃からの、些細な我慢。

弱音を吐けない。

こうしなければっていう勝手な思い込み。

できない~って軽くいえない。

やって~ってうまくいえない。

 

ここを克服しない限り

場所を変えても

今の目の前にいるモンスターは

姿形を変え、場所を変え

自分の前に現れてくる。

 すでに、ここでも「克服しなければならない」と

考え、自分に枷をつくっている。。。

 

ほんの少しの予感

ここ数年苦しかったときは

完全にこのモンスターにとりつかれていたと思う

今もまだまだ現在進行形だけど

そのことに気づいただけ

違うステージには行ける気がする。

まだまだ、その方法はわからないけど

目の前の敵を倒すことや逃げることじゃない方法じゃないことは

なんとなくわかった

もしかしたら、気づきが

何かその世界を変えられるかもしれない。