心がざわつくこと

 先週次女のピアノ発表会がありました

見に来るのはもちろん

朝、家に来て

赤飯と小さな袋を次女に渡していました

袋には

元気玉です、これをピアノを弾く前に食べると発表会で上手にひけます」

みたいなことが書かれていた

ここまで客観的にみると

「いいおばあちゃんだなあ」と思うのですが

私には

「これ以上私の家庭に入ってこないで」と思ってしまいます

これってわがまま?

お赤飯はまだ許容範囲

メモみた瞬間、心がざわざわしました

やりすぎでしょ・・・

幾度となくこんなことが繰り返されてきた

そのたびに

心がざわつき

「やめてほしい」というか迷う

言っても

「たかがそんなことくらいで」だとか

「くだらない」

「子どもがかわいそう」

だとか言われてしまう

私のお願いを聞くという選択肢はない

 

余計、嫌な気持ちが増えるだけだから、なるべく、黙ってやり過ごす

実の娘の孫ということもあるんだろう

弟の孫にはそこまではしない

 

でもね、

私の娘なんだよ・・・

昨日の夜、少し緊張してきた次女に上手にひけるおまじないもした

 

ピアノの練習につきあい

うまく弾けなくてイライラするのにつきあい

いろいろ口うるさくするのは私。

 

朝、髪の毛セットしたり、準備するのも忙しい時間に来て

気持ちを落ち着かせたところにきて

ペースを乱されるのも嫌だし

何より、私の家族をとられている気分になる

 

祖母の介入

うちは共働きということもあり

祖父母に送迎をお願いすることもあります

でもね、

頼みたいときには都合が悪く、ドタキャンもしょっちゅう!

自分の気分と都合で、そのくせ、やりたいことには勝手にやる!

とにかく目立ちたがり屋!

(あー、ちょっとスッキリした)

勝手に孫に泊まりにこいといって、朝には「早く迎えにこい」

とかもおばあちゃんアルアル。

わたしが頼んでもいないのに、勝手に早く迎えに行き、「孫の世話が大変」とわたしの知人にいいふらす。etc

負い目を作りたくなくて

できる限り両親には頼らないで生活するようにしているのに、

振り回されっぱなし

 

 

 

それでも、頼むことがあるからこそ頭があがらない・・・

こんな風に感じてしまうことで、

自分は性格が悪いな、心が狭いなあと思うし、

子ども時代のことや今までのことまで思い出してしまい、

なんだかよくわからないどす黒いものがこみ上げてくる

しかも、「家にいたい、子供たちといたい、仕事辞めたい」

という気持ちのが強いので、

こういうことがあると

働かなければならない自分や今の環境すら、嫌になってしまう

 

ここまで、書いてなんだかモヤモヤがすっきりした

だれにも、表にしたことのない負の気持ち

母も、「いろんな思いがあってそうしているんだ」

「好きなようにさせてあげるのが親孝行」

と思いこむことで、我慢している

でも、いつか、ちゃんと言ってみようと思う

それでも、

また、「くだらない」と一蹴されたとき、

私はその事実が辛いと思っていたけど

今までの生い立ちまでも、一蹴されてしまうような気持になっていたんだ

心の奥では

私自身に目を向けてほしいんだってわかった

 

正しい気持ちを伝えることだけがいいこととは限らない

 

まだまだ迷ってる