読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の記憶

夢の記憶

目が覚めて、すごく寝たかと思ったら

まだ2時くらいで

「あ、夢か・・・」と思いつつ

また、布団に潜り込むときほど幸せなときはないです。

いい夢を見たとき

あれ、なんだったっけと

記憶の断片をつなぎながら、

夢の中の話を完成させながら

また、夢の中へ・・・

つじつまわないよな、と思いつつも

現実の世界ではないとわかっていても

その満ち足りた気持ちだけはほんものだ。

リアルじゃない世界の幸せと

リアルな世界のつらいことだったら

どっちがいいんだろうか・・・

なんて半分とろけた頭で考えながら二度寝してしまった。

 

夢占いにはまってた時期

一時、朝、夢占いをしていた時があった。

結局、いろんなものが登場しすぎて

いいんだか悪いんだかわからなかったが、

悪い夢=悪いことがおきる

いい夢=いいことがおきる

わけじゃないことぐらい。

夢は脳内の記憶の整理とか聞いたこともある。

だから、夢占いじゃなくで心理判断。

でも、予知夢的なもののしっぽさえつかめなかったな。

記憶を焼き直すことで

いつもなら、ちりじりになっていく雲のように

どこかに行ってしまう夢の物語が

現実の記憶に入り込んできてしまい

ほんの一瞬、夢に支配されてしまいそうな

少し怖い気持ちになってやめてしまった。

あの頃は、現実があまりに辛すぎて

これからよくなっていくんだという何か証拠のようなものを

少しでもつかむのに必死だったのだと思う。

ただ、リアルじゃない世界は

自分の力のコントロールができないから

物語の中に入り込むだけ

自分の物語をつくることはできない。

夢の続きは見ることはできない。

 

今の生活が落ち着いてきたこのごろ

昔よく見ていた夢のキーワードとは違うものを見るようになった。

 

夢の中の満ちたりた気持ちを糧に

今日はがんばろう。


Today is the Day - Yo La Tengo