読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎年恒例の同窓会

大好きな会

同窓会というほど大それたものではないけど

高校の同級生の集まりが

毎年年末に恒例行事となりつつあります。

今年は、なんだかんだで

2~30人。

でも、そこで話す

くだらなーーーーい話は

1年間でかなり楽しみにしている。

高校の時にあった(どうでもいいけど当時は最重要事項)事件の話やら

愚痴もなければ、身になる話もない(笑)

ただ、20年前と同じく、ただただ、ふざけ続ける会。

こんなに何も考えずに、一緒にいられて大笑いできる人達がいて

ほんとによかったなあと思う。

 

個々に仲のいい人も一人か二人いるけど

高校時代に話したこともない人もいるし

その日以外に連絡を取り合うわけでもない。

「仲間」というには関係も薄っぺらいものです。

ただ「同級生」で「年末に会う人たち」。

 

会いだしたのは数年前から。

それぞれの20代のとがってモヤモヤしていた時期を

あまり知らない。

今も、いろいろなことを抱えているのかもしれない。

だからこそ

つかず離れず年1のこのペースがちょうどいいのだと思う。

 

会社でうまくいってなくても、結婚しててもしてなくても

 おばさんとおじさんでも

その日一日は、あの頃の○○くんや○○さん。

 

 こーんなときめき感は1秒もないけど(笑)