読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の夕飯は鍋三昧

冬のなったら、夕飯は鍋ばかり。

基本、平日は手の込んだ料理はしないことにしています。

(普段もですが・・・)

ということで

冬になったら、ほぼ3日に1日の割合で鍋です。

案外これが、家族にも好評で、飽きないんです。

だいたいのローテがこんなかんじ。

1.白菜鍋

2.みぞれ鍋

3.カレー鍋

4.常夜鍋

5.豆乳鍋

 

その中で登場回数が一番が高く、一番人気が白菜鍋。

作り方はいたって簡単です。

  白菜のざく切りと、豚バラのしゃぶしゃぶ用肉を

  交互に重ね、塩、コショウ、ごま油、酒、水少々で

  蒸し煮するだけ。

  ふたが閉まらないくらいぎゅうぎゅうにいれます。

  しばらくすると、半分くらいになるので、ここで

  葉部分を同様に投入。

  (断面がミルフィーユ状になるよう作る鍋が

   ありますが、ただ、交互に重ねるだけでOK)

  ポン酢・ゴマダレなどでいただきます。

いたって簡単なのですが、しいてのポイントは、

コショウはかなり多めです。

コショウの代わりに針ショウガでもまた、違った味になります。

 

出汁の鍋よりも、白菜本来の甘みがでて美味しいんですっ。

 白菜なら1/2ペロっと食べれます。

これ、白菜高騰の時はモヤシでも美味しいです。

家計に優しいし、あったまるし、栄養もあるし

いいことづくめの鍋です。